満天の宙

「満天の」という言葉は「空一杯の」という意味です。ですから本来は「満天の星」という表現が正しいのかもしれません。(満天の星空は重複表現だ、という意見もありますね。)

当サイトではあえて「宙」という言葉を使っています。

銀河が浮かんでいたり、神話の動物たちが住んでいたり…。そんな存在を「宙」と形容しているつもりです。思いをはせればはせるほど、それぞれの「宙」がそれぞれの心の中に立ち上がり、広がっていく。
別に実際に満天の星の下に行く必要はないのかもしれません。私たちはいつでも「星あかりの下」に生きています。「そこに星がある」と考えるだけで、空は宙でいっぱいになるのかもしれませんね。

ホームに戻る

inserted by FC2 system